北陸を拠点に、「古民家再生」や「平成の民家づくり」に取組んでいます。
TOP
お知らせ
古民家再生の会について
古民家再生
平成の民家づくり
まなんで民家!すまい塾
古民家再生ブログ
事例紹介
資料
入会申込・お問い合せ



LINK


お知らせ

古民家再生ブログ

輪島市民家 完成現場見学会 感想 [2017.10.27]

完成現場見学会 感想 [2017.09.19]
—————————————————————————————————————————

昭和初期に建築された‶古民家には定義されない古い家″の民家再生工事。
完成現場見学会が行われました。

施工段階では感じられない仕上りの美しさ、ディテールも面白く 大変勉強になりましたが
なにより昭和期の普通の建物が町家風の古民家デザインに変わることで生れる意味。

道路ギリギリに面して建っている→プライバシーを保ちつつ窓を開け放つための格子。
敷地の間口が狭い→雪を隣地に落とさないための屋根形状。
長屋の様に密集して建っている→火災が起きた時、延焼を抑えるための袖うだつ。
結局 昔からある古民家のデザインが実に合理的だったことに気付きます。

またホームエレベーターは2階に居住するための必須アイテムで、
例えば1階をテナントとして貸出し、家賃収入で老後を暮らす事も可能です。

趣ある古い街並みを残し、さらに活性化して 人も住まえる。
今後の街中での住まい方の答えがここにあるのではないでしょうか。
阿戸

 

写真